FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

新天地初登山

 【07//2012】

 福島に来たからには、こちらで登れる100名山を行かねばならないという

使命感の元、地元で情報収集に努めておりました。

 そして先日、イベントも一区切り着いたのでこっちの趣味も活動再開。

 出た結論として冬山より山開きをしてから登った方が安全だという結論にいたり、

安達太良山へ行ってきました。

 

 選んだ理由としては、福島県内の100名山で比較的容易に登頂可能な山だからです。

 

 ジムで体力維持に勤めはしましたが久しぶりなのは否めないので、

時間的にもかなり余裕のあるプランを組んで出発。

 

 冬場はスキー場として開かれているので、登山口にはそのままゴンドラが稼働していました。

 

 折角の登山なので最初から登っていこうとも思っていたのですが、予報では午後から天候が

崩れる模様。

 

 結局時間的余裕をとり、ゴンドラを使用。

 

 1時間とちょっとかかるところを6分で一つ手前の山、薬師岳山頂へ到着。

 DSC07729

 山頂からの景色は多少曇っていましたが、そこから目的地たる安達太良山山頂は

はっきりと見えていました。

 

 どれだけ足が鈍っているかと冷や冷やしていましたが、この山は高尾山並に整備が

成されており、特に危険を憶える箇所もなく、勾配も緩やかで1時間ほどで山頂へ。

 DSC07733

 道中の残雪には驚きましたが、携行してあったアイゼンを装着するほどでもなかったので

雪の感触を味わいつつ進みました。

 DSC07741

 山頂からの景色は360度新たな大地が広がっており、新鮮な気持ちでした。

(過去のアルプスでは以前登った山が見えたり、地元の街が見えていたりしたので)

 

 予定よりかなり早く山頂に着いたので、空腹も憶えず、多くの登山者で賑わっていたので早々に

次なるルートへ進路をとりました。

 

 2000mを越えない山なので稜線も森林で覆われているのかと思っていたのですが、

この連峰はパノラマを楽しめながら歩くことができるそうなので機会があったら縦走プランを

立ててみようかと思いました。

 

 下山ルートは注意書きがあった馬の背と言うところからの山小屋ルートに気をつけて

(硫黄臭が漂うほどのガスが滞留し以前事故が起こっているそうです)なだらかに下山。

 

 途中も馬車道という整備された道をゆったりと下り危なげない登山となりました。

 DSC07804

 最後に通った遊歩道もいい景色でしたし、天候も持ってくれて久しぶりに予定通りの

登山となりました。

 

 作った昼飯を家で食べたこと以外は・・・・。

Category: 登山

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks