FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

C84-3

 【21//2013】

そして3日目

緊張の日です。
 参加ジャンルから3日目のサークル参加はないだろうと思っていたら、二回目にして実現。

 しかし、激戦たる本来の3日目を過ぎた後なので、落ち着いて会場入りすることができました。
(前回初参加も終えていますし)
 1日目、2日目と異なり、車両利用、即会場入りということもあり、前2日間の疲労も引きずることなく
設営まで持って行くことができました。

 そして会場発送されていた新刊を確認し、これまでの疲労を吹っ飛ばそうとしたら……ラストのページたる
奥付が無い。

 そこには、助力を頂いた方の美しいイラストがモアレ等なく印刷されていました。

 丸々抜けているのかと思いページをめくると、そこに奥付が。

 ……よりによってゲストさんをお願いした巻で乱丁を体験することとなりました。

 それ以外の乱丁箇所はなかったので、やむなくそのまま頒布することを決め、設営最終段階たる展示ACを設置。

初出撃のバレットライフも無事自立させ終えたところで、設営終了。

 前回より少なめなACサークルさんへ挨拶も済ませ、開催の時を待ちました。

 3日目だからなのか、ただ単に申請サークルさんが減ってしまったのか、いずれにしても
僅かなACサークルの一つとして、気合を入れ直し、拍手を迎えました。

 会場の全てのシャッターが開かれ、駐車場で耐え抜いた燃える戦士達が一気にホールに入ってくると、
場内気温は一気に上昇。
 先日観測した例の雲が再び見え始めました。

 今回で二度目のサークル参加のため、頒布品がどのような売れ方をするのか気になりましたが、
どういうわけか既刊とセットで買っていただける方が多かったです。
(新刊のみと仰ってくださる方もおりましたが、記憶力の乏しい自分は
前回お会いした方か特定が出来ませんでした)

 参加者の立ち寄り状況は、3日目平日夏コミという環境下ということもあり、
前回よりかなり変化があったのが印象的でした。

 そんな中でもツイッターで知り合った方や、地元へ戻った同僚達、そしてACを通じて知り合った方々が
訪れてくださったことが、有難かったです。

 バレットライフの人気も上々でした。……キット化しないかなぁ。

 そんな中、会場で委託販売の話を頂きましたので、ここで触れておきます。

 自分は作品のコンセプト上(ACLRのプレイヤー視点)、不特定多数の方の目に安易に(ネット上等)
触れてしまうのはちょっと抵抗があります。

 アーマードコアはゲームをプレイされた方々一人一人に主人公像を抱かせてくれるゲームなので、
そのイメージを傷つけ兼ねない小説を簡単に閲覧でき得る状況におくのが忍びなく思いました。

 それ故コミケのみの頒布という形を取らせていただいております。
 少なくとも、この場に足を運ばれる方はその辺りの覚悟を持って手にしていただけると思いますので。
(実際中身も確認してから買われない方も多いですし)

 それでもお住まい若しくはスケジュールの関係上、会場に来ることが出来ない方で読んでみたいという
方がおられれば委託しますが、そこまで奇特な方はまずおられないでしょう。
もしご希望されるようでしたら、ご一報を。

 そんなこんなで終了の時間となり、久しぶりの会場撤収お手伝い。

 参加者が少なくなり始めた頃、自分達も会場を後にしました。


 予想以上のボリュームでお届けすることとなりましたが、これで一年のサイクルでコミケ、ワンフェス
両イベントを夏冬参加することができました。
 
 一時はスケジュールの見通しが甘く、厳しい状況も多々ありましたが、この経験は今後の活動指針として
多いに役立つはずです。

 当日当サークルへ足を運んでくださった皆様、ありがとうございました

Category: 未分類

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks