FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

神々の祭典V

 【13//2013】

 大変遅くなりましたが、ワンフェス後の最大の楽しみ、そのアフターレポートです。



 ワンフェスもどうにか問題なく終了し、在庫と車両をメンバーに預けて、再び幕張メッセの会場に戻り
本日のメインイベントへの集合場所へ。ACモデラー界を牽引されてこられた先人が集う夢の祭典
「アーキテクト集会」

 今回でV回目の開催となるようですが、最も経験の浅いであろう自分は、二度目の出席となります。
しかも前回大遅刻したので最初からの参加は初という、超緊張した中での会場移動時間となりました。

 そんな中で自身のハンドルネームの元ネタを知ってらっしゃる方にお声かけ頂けたのは驚きでした。
(今でこそ溢れかえるほど存在するジャンルですが、カードゲームの始祖とも言われ、現在もリリースが続く
あの作品を知る方は、自分の周りには少なくなってしまいました)

 移動の時点から制作に関するコアな話が飛び交い、会場の状況に期待が膨らむ中、到着したお店は普段では
絶対にお世話にならないような大人な雰囲気のフロアでビックリ。
 前回の賑やかな場も好きですが、このような隠れ家的な場所でじっくり話しをするのもいいなぁと思いました。(機体展示も安心ですしね)

 各々着席したところで、マスターさんのご好意でゲスト様が到着する前に乾杯の練習が始まりました。
現地の環境下で渇きと空腹はMAXだったので、ゲスト様に申し訳ないと思いつつ、高速で胃に納めていきました。

 程なくしてゲスト様も到着され、幹事様のご挨拶で仕切直して再度乾杯となりました。
その際、よもやの事態に直面しました。

 一部の方にお話してあったモデラーズクラブ合同作品展の話を振っていただいたのです。
事前に話しを向けていただけるようなことは伺っていたのですが、まさか乾杯の時に取り上げて頂けるとは。
しかも詳細の説明をと続き、自分が皆様の注目を受けることに。

 正直これがまともにする始めての挨拶となったので、非常に緊張しました。

 それでも参加されていた方々の後押しもあり、どうにか説明し終えて乾杯へ。

 夢の時間が始まりました。
 
 まずは素晴しきAC各機から
WF2013S.jpg
WF2013S2.jpg
WF2013S3.jpg
WF2013S4.jpg

 そして、話題のフレームアームズ
WF2013S5.jpg
WF2013S6.jpg

 続いて、印象に残った二機
WF2013S7.jpg
WF2013S8.jpg

 最後に目標とする完成度を誇る作品群
WF2013S10.jpg
WF2013S11.jpg
WF2013S12.jpg
WF2013S13.jpg

 本来なら、他にも素晴しい機体が目白押しでしたが、如何に一眼レフデジカメといっても、
撮影者の技量がなければぶれて、暗くなってしまっていました。……反省。



 自分が知る中で、ここまでAC関係、モデリング関係の話題を話せる場はありません。
非常に有意義な時間となりました。

 そして幸運な事にモデラーズクラブ合同作品展への協力も頂き、感無量でした。

 そうこうしているうちに、カウンターに並び始める美しい機体達。

 今回は諸般の事情で自身のACは出撃不可能でしたので、ここぞとばかりに撮影に専念しました。

 ・・・・・・一通り撮影させて頂き思ったことは、ここにある機体達があの場に集うことがあったら、
自身の機体はとても並べることはできないなぁというほどの技量差による高揚感でした。
これで次回の合同作品展は安泰だ!

 後半には非常に興味深い話題も上がり、ボトムズも視野に捉えられるような気合を入れて頂きました。

 宴もたけなわとなったところで中締めとなり、直前に迫った〆切のため、泣く泣く会場を後にしました。

連日の徹夜でクタクタでしたが翌朝の渋滞を考慮し、日が変わる前に東京を出ました。

 次回は余裕を持って参加できるようにしたいです。
WF2013S14.jpg

 素晴しい一時をありがとうございました。

Category: イベント

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks