FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

再掲示3

 【13//2013】

 製作AC再紹介3
 
 これで一応全部です。  
 13機目 対翼を成すパッケージ機「フォーミュラフロントパッケージVerPS2」
13 フォーミュラフロントパッケージVerPS2

 PSPVer同様、メインカラーに気合いを入れました。おかげでようやく納得のいく
青が表現できました。
 そして、デカール恐怖症発生源たる機体。同じでカールを10数枚用意してあったのは
良き思い出です。(成功したのはテイク〇回目です)
 
 
 14機目 AC3トップランカー「アルカディア」
14 アルカディア
 第1作からプレイしている身としては、伝統的な機体構成でこれほどの戦闘力とビジュアルを
併せ持つACはそうはいないでしょう。
 脚部に次いで腕部の自作に挑んだ一機。武装も自作してたりします。
 
 15機目 永遠の嫁「ナインボール」
15 ナインボール
 コイツが縦穴から降って来た日にゃそれはぶったまげたもんです。(2機目!?)
 そして幾度となく黒こげにされたことか。
 LR近辺のキット化の中でセラフに次いで無印3作からの登場は嬉しかったです。
 制作中に例の曲をヘビロテしていたことは言うまでもない……。


 16機目 フロムが誇る超高速マシン「クラウドブレイカー量産型試験機」
16 クラウドブレイカー量産型試験機
 その年のAC以外のキット製作のターゲットとなった機体。フロム繋がりということでw
 
 しかしてそのデザインはACとは異なる美が詰まっていました。
 当時のOP(XBOXソフト「叢murakumo」)の艶やかな機体を再現するため、
初めて鏡面仕上げに挑戦。そして撃沈。
 
 キットをそのまま作成することにこの頃から偏屈になってきていた自分は、
PS2ソフト「アナザーセンチュリーズエピソード(通称ACE エースコンバットじゃないですよw)」に
登場した量産型の装備を搭載した試験機として製作しました。
 

 17機目 レイヤードの裏番長「アフターペイン」(原型n様)
17 アフターペイン
 驚異のディティールで再現されたフロートを乗せるACとして申し分ない戦闘力を発揮したAC。
 
 そして、原型師的な意味で粗製と神の違いをまざまざと実感したAC(主に腕部)
 
 ……もう一機買っておくんだった。
 
 
 18機目 Theガチタン「アイアンL-OW75」
18 アイアンL-OW75
 ネクサスのランカーAC、自分の中でガチタンと行って真っ先に浮かぶであろうAC。
(次点で某社長)
 製作の動機は特にありません。ただ「ガチタンが好きだから」です。
 
 実際に使いこなせない事への羨望もあったのかも。
 
 初の自作となったのはヘッド、コア、タンクです。(バックユニットは以前着手しています)
 
 彼の感性を受けてAC美脚シリーズは残すところ逆関節のみとなっています。
 
 ……逆関節ねぇ……保持力が勝負です。
 



 というわけで、以上が自分がこれまで製作してきた機体の全てです。
 
 他にも追加武装Ver等ありますが、ご要望があれば再掲示しようおもいます。
 

Category: デジラマ・プラモ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks