FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

再掲示2

 【13//2013】

 ブログ引越しに伴う製作AC再紹介2
 
 詳細は続きをどうぞ。  
 7機目 言葉は不要のLR主要AC最後の一機「オラクル」
7 オラクル

 コトブキヤの細部へのこだわりを感じた一機。
 それはイコールマスキングの嵐が吹き荒れたことを意味します。
 それでもかなり細分化されているので塗り分けは容易な方だと思いました。
 
 ……青野表現に妥協してしまった一機。
 
 
 8機目 ある意味行くとこまで行った証となったAC「スカーレッド・スパイダー」
8 スカーレッド・スパイダー
 レジンによる複製に挑んだ初の機体。
 そして、極性恐怖症を決定付けた機体。
 初挑戦であったため、この後参加したイベント後原型を引っ張り出し大幅回収。
 ……しかし、主目的だった同人誌上では……
  

 9機目 永遠なる元祖リアルロボット「RX-78-2」 
9 RX-78-2
 お台場から模型の街、静岡へ馳せ参じた等身大ガンダムを通勤時に眺められたのは妨害の喜びでした。
(当時の事後とは修羅場でしたがw)
 基本、ACしか製作しないのですが、見聞を広めるという名目で、毎年別ジャンルのプラモデルを
製作しようと計画し、同展示広場で販売されていた物を製作。
 1/144はマスキングに苦労するかな、と思っていたのですが、そこは最大手模型メーカー。
 
 白って難しいなぁ。
 

 10機目 オリジナルアセンブリAC「ブルーローズ」
10 ブルーローズ
 執筆中の同人誌「TheFatalDay」に登場する主要ACとしてビジュアル最優先に製作された悲運なAC。
 構成パーツはオークションのジャンク品からの復活劇を遂げたという点でお許し下さい。
 実際組んでみての性能は、言わずもがな。
 
 二度目の青色妥協作。
 

 11機目 異端のAC「RUSYANA(原型n様)」
 11 RUSYANA
 ネクサスに登場する変態企業キサラギが誇るホバー?AC
 愛の原型師達が集うワンダーフェスティバルにて最大の出費かつ最大のお宝。
 会場では意見したときは、当時骨折していた足の痛みを忘れるほどでした。 

 ……正直神の領域です。
 
 いつかは自分も全ての構成をこの手で……。
 
 初のグラデーション塗装(MAX塗り)実施作。


 12機目 別の意味でAC至上異端の作品から「フォーミュラフロントパッケージ機体VerPSP」
12 FFOP VerPSP
 プログラムしたAIを搭載したACによる戦いを題材とした作品のパッケージに登場していたAC。
 アセンブルはエクストラガレージ特典品で把握し製作。
 何気に初の自作パーツがこれだったりします。
 
 メインカラーに気合いを入れた一機。

Category: デジラマ・プラモ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks