FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

多様な顔を持つ山

 【15//2012】

 道中二つ目の山に選定したのは、同じく福島南方端の山。那須岳

 

 こちらは正に堅強にそびえる山で、いくつかの山を総称して那須岳という

らしく、その名を冠する山は無いという八ヶ岳みたいな山でした。

 

 とりあえず登山口直近のコンビニで夜を明かしたのですが、激しい雨音が続いていたので

翌日は雨の中の登山を予想していました。

 

 明けて車から顔を出す多かなり厚い雲が広がっていました。

 

 登山口である茶臼岳ロープウェイまで行くと雲の上に来たらしく、

かなり薄まっていました。

 

 那須岳の有名な山を日帰りで登れるだけ選定した結果、

茶臼岳、朝日岳、三本槍岳を登ることにしました。

 

 茶臼岳はロープウェイで茶臼岳山頂直近まで一気に登り、山頂まで30分という

お手軽な山でした。

 そして登る感触は正に富士山。

 DSC07892

 お鉢周りも出来る山でじっくり景観を楽しみたかったのですが、何せ本日中に

東京へ行く予定だったので、硫黄臭立ちこめる中、早々に次なる目的地朝日岳に

向かいました。

 

 こちらはアルプス感満載の岩山で鎖場もある登り甲斐のある山でした。

 DSC07915

雲の下の景色が気になりますが、今見えている景色だけでも素晴しいものでした。

 DSC07925

 最後は三本槍岳。身の丈くらいの木々に覆われた登山道をひたすら登り

いきなり開けたと思ったら山頂でした。

 この頃には日差しもかなり強くなっていましたが、風が心地よく夏登山では

珍しいくらい快適に登れました。

 

 アップダウンを繰り返しながら登れる多彩な顔を持つ山で飽きない

登山でした。

 

 最後は昨日同様温泉に入ったのですが、そこでは登山以上の衝撃が待っていました。

Category: 登山

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks