FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

NEXT-結果報告②-

 【12//2010】

2月7日(日曜日)

 友人の結婚式出席のため、実際の組み立て開始は21:00から開始となりました。

 

 買ってきた本を片手にまずはCPU・・・ではなく出番は先ですが気分を高めるために

ディスプレイとケースを取り出しました。

Dsc01567_2

メインディスプレイとして選んだのは

  ナナオ EIZO SX242W-BK

  (静止画編集に向いた色合いの表示が優れているとのこと)

Dsc01571

ケースは

  ASE-450TT-BK

  (とにかく広く、ビデオカードの5970が入る物となるとかなり限られました)

 

 これらが実際に稼働するのはまだまだ先になりそうだなぁと思いつつ

ついに組み立て開始。

 精密機械が相手ということもあり組み立てキットも合わせて購入

Dsc01573_3

(静電気除去グローブ、存在すら知りませんでした)

 

 まずはマザーボード。

Dsc01574

  GIGABYTE GA-X58A-UD5。

  (CPUの企画に適合する拡張性の高い物を選択したつもりです)

 

 実はもう一つ上のタイプもあったのですが、それは水冷仕様に特化した構造となっており、

それ相応の知識が要求される物だったのでこちらを選択しました。

 

 そしてCPU。

 Dsc01575

  Intel corei7 975

 現行CPU最上位モデルです。これとビデオカードだけは譲れませんでした。

 これだけでウン万円と思うと手が震えますw

 とりあえずパッケージを開けて中身を確認。

 自作用の雑誌を見ながらパッケージ内の取扱説明書も合わせて確認しながら

作業をしました。

 

 まずマザーボードの入っていた箱の上にマザーボードを置き、CPUの取り付け作業を

行いました。

 ・・・が、マザーボードは袋から取り出してみると至る所に触ってはいけなさそうな

場所が多く、箱に置くだけでも緊張しましたw

 なんとかマザーボードを置いたらCPUの取り付けのためCPUソケットを展開。

本によりCPUの溝とマザーボードの溝を合わせればいいと言うことでしたが

ここでの損傷によるサポートは保証対象外ということもあり、息が詰まる思いでした。

(買い直すお金はないですw)

Dsc01581

 無事にソケットに置いていざ固定を・・・・とここで違和感が、

 

 

 かなり力を入れないとふたを固定するレバーがはまりません。

 

 まさか位置が違った!?

 

 しかし手応えについては本を見てもわからないためとりあえずレバーを力任せて固定域

まで持って行きCPUをロック。

 

 次にCPUクーラーを取り付けーとなるわけですが、ここでハイスペックPC用対策第一弾

冷却性能を上げるためCPU標準装備のクーラーよりも冷却性のが高い物を取り付ける

ことにしました。

 

 採用したのは

Dsc01583

 ZALMAN CNPS9900NT

 

 開けてみてびっくり。

 

 

 デカイ

 

 

 どれほどかといいますと

Dsc01585

ごらんの通り(左がCPU備え付けクーラー、右がZALMANさんの物です)

 説明書によりクーラーの流れを確認し、マザーボードへの取り付けの位置

ケースにある廃熱ファンの位置を考慮し上方へ流れるように取り付けることにしました。

 備え付けのグリスをCPUに塗っていざ取り付け・・・とここでも問題が発生しました。

Dsc01589

 専用のスペーサーを取り付け仮置きをしたところ、左方にあるソケットに干渉しそう

だったのです。

 そのソケットに取り付けるのはメモリー・・・

 

 

ここで急遽メモリーの取り付け作業に移行しました。

                                    続く

 

 

Category: PC

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks