FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

NEXT-結果報告⑦-

 【18//2010】

2月9日(火)

 一日空いて作業再開。

 今日は残りの作業、ハードディスクの取り付けとマザーボードへの

電源ユニット、ケースファン、各種スイッチ、光学ドライブ、ハードディスクの

接続から始めました。

 

 まずはハードディスクの取り付けから。

 今回の買い物で驚いたのが大規模記録装置、HDDが主流と思っていたら

新たにSSDなるものが登場していたこと。 

 

 SSDは記憶容量あたりのコストが高い代わりに情報転送速度はHDDよりも

上回ると言うことから、Cドライブ(OS等基本ソフトを入れる)として採用。

 HDDをDドライブとして購入しました。

 Dsc01622_2

 SSDは160Gの物を購入。(フルに使うことはないでしょう。

 そういえばSSDはデフラグの必要がないそうでw危うくやりそうでしたよw)

Dsc01623

 HDDは1Tを。(こっちも絶対容量使い切ることはないなw)

 Dsc01624

 本でも取説でもケースへの取り付け時はくれぐれも慎重にということ

だったので、とりあえずSSDから。こっちは特に衝撃の心配は少ないはず。

 

 そして、HDD。SSDは同じ場所に設置しますが、HDDより小型な為アタッチメントを

付けてからの設置となったのであまり感じなかったのですが、HDDは衝撃吸収を

考慮して緩衝材付きでビッチリはめ込む必要があり、どうしても力仕事となりました。

 

 CPUの時もそうでしたがこんなに力入れて大丈夫か?と思いつつ取り付け完了。

 

 次に光学式ドライブ。

Dsc01618

 Pioneer BDR-205BK

 PCでDVDやブルーレイを見ることはあまりないと思いますがwインストールには

必要ですし。

 

 その他のドライブも設置しようと思ったのですがメンテが大変ですよと言われたので

USB接続で増設して対応することで保留。

Dsc01637  

 次に電源ユニット、マザーボードの設置。

 マザーボードの固定にはネジが紛失しないよう、ドライバーを突き刺さないよう

気を遣いました。電源ユニットは楽勝w

Dsc01637_3  

 これでケースへの設置は一通り終了。電源ユニットから各パーツへの配線作業へ

入ります。 

 

 電源ユニットからの配線は初期起動時に一度接続をしていたので問題的には配線位置が

排気の流れを阻害しないようにすることだけでした。

 Dsc01641_3

 とりあえずケースに設置されているファンのケーブルを確認し電源ユニットに付属の

ケーブルからあいそうなやつをチョイス。SSDHDDも同様に探しました。

と、このときSSDとHDD、光学ドライブにマザーボードへの接続をしていなかったことを

思い出し慌てて設置。

 

 そしてケース確認時からいやな予感がしていたケースからマザーボードへの接続。

Dsc01643

 この配線・・・どこへ付けていいか、見た目では前々わかりません。

というのもマザーボード上ににたスペルがいくつかあったり本で紹介されている色とは

若干異なったりと判断がつきかねたのでどうしたものかと思い、すがる思いで

取説を確認・・・・

 

 なーんだ、簡単じゃん。

 

 基本的に本ではどの機種でもそつなく説明できるような紹介をされていますが

取説ではその商品オンリーの説明をしているのでわかりやすかったです(当然かw)

Dsc01646_2 

 それでも設置するマザーボードは多岐にわたるので探し出すことは自力でやることに

Dsc01644

 マザーボードの説明書も確認しつつ接続を完了(これは見つけにくかった)

 

 ケースを閉じる前に接続をもう一度確認。

 

 カバーを取り付け机上に置こうとしたときに謎のパーツが慰留されているのを発見

Dsc01640  

 ・・・・あ、ケース備え付けのサイドファンだ。

 

 

 ・・・・・もう一度開け、設置し直しました。

                                          続く

Category: PC

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks