FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

夢の実現①~知識の集約とコンセプトの決定~

 【15//2010】

 まずは感想から・・・・長かった・・・・。

 

 この夢を抱いて20年・・・・ようやく形になりました。

 

・・・・ひどい有様ですがw

 

 

 

 今回挑戦したのは子供の頃からの夢・・・・

プラモデルの完全塗装です。

 

 思えば20年前、実家でBB戦士の信玄頑駄無と謙信頑駄無を詰め切りで作成したのが

全ての始まりでした。

 

 対象はBB戦士から100分の1へ、さらにはハイグレートへと変わっていき

作成したプラモデルを眺めながらある思いが浮かびました。

 そして数年前に我が愛するアーマード・コアがプラモデル化されたとき、

燻っていた重いがついに大発火しました。

 

・・・・自分色に染めてみたい・・・・

 

 ガンダムの頃は作品に決まった色があり、それを丁寧に仕上げてみたいという

思いだけだったのでこらえていられたのですが、アーマード・コアでは自分のACには

自分だけのカラーリングが施せるため、そのプラモデルを手にしたときに自分の機体色に

染めたいという思いはどうにも抑えられませんでした。

 

 

 

 

 第一作目のガイアの発売から数年、ようやく自分が駆っているACの構成が整ったため

それを期にマイAC作成計画を発動させました。

 

 まずはネットで必要な機材、手順をチェックするところから始めました。

行き当たりばったりで作成したら後戻りできないため(+機材の値段も素材たるプラモデル

共々安くはないので)これに一月くらいかかりました。

(本とネットを併用したら、それだけで結構時間がかかっていまいましたw)

 

 吟味の末コンプレッサー、エア圧調整機、作業ベース、塗料、工具を一通り揃えて

作成作業に取りかかったのが2月末。

(転勤先にあったプラモデル屋さんは学生時代に良く通った場所です。直近に異動となったの

も何かの縁でしょうw)

 

 早速自分の機体を塗装・・・・という度胸はなく、

まず塗装を施すとどういうことになるのか

という検証をすることにしました。

 

 そしてその被検体としたのはオークションで落札したジャンク品のAC達です。

各々欠けているパーツが多かったのですが、それらを組み合わせた機体に

塗装に関する全ての行程を試してみることにしました。

 

 次の問題はどのようなカラーリングにするか・・・・

そこの検討に入ります。

Category: デジラマ・プラモ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks