FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

慰安旅行②

 【29//2011】

 出発は木曜日の夜にしました。

 

 天気では降雪が予報されており、たどり着けるかが第一の

問題でしたが、無事にインターを出るまで雪には降られず

目的地までもチェーンなしでのんびりと行くことが出来ました。

 

 予想通り平日の深夜だったので車両が一切無く。どんなに低速

走行をしても渋滞の心配が無く安心して現地入り。

 

 ホテルのフロントが開くのは6:30からだったので時間まで

近くのコンビニで仮眠をとりました。

 

 起きてからも荒天にはなっておらず、ホテルで着替えを済ませていざ

ゴンドラに乗ろうとしたら、強風のため運休・・・・。

 

 ホテルを選んだ理由がゴンドラから最も近いホテルだったのにw

 

 まぁいいか。

 

 別ルートで山頂まで。

当初は強風で使用可能なリフトが少なかったのですが、

時間が経つにつれて天候が徐々に回復し

ごらんのような絶景の中ひたすら滑りました。

 DSC04949

 くたくたになった後、ホテルには温泉がなかったので

近くの温泉で生き返り、

 お酒を飲まれる方々と別れ、自身の夜の部へ

移行しました。

 

 車両から登山ブーツとアイゼンを取り出し、いざ

冬山(+夜登山)の練習に。

 

 登山ルートは今日散々滑った道。

踏みならされた道だったのでアイゼンの装備の必要もなく、

夜の明かりだけで登っていけました。

 

 寄り道で新雪の箇所を踏み込んだらズッポシはまりました。

 いろいろな経験をしましたが、無音の中ザクザク歩いている時は

最高でした。

 その後靴を履き替え滑り降りてくるのも面白かったです。

 

 翌日は雪がかなり降り、パウダースノーの中全速力で滑走していたら

派手にすっころびました。

 

 その際右足がミシッと音を立て激痛が走り、帰路につく正午を前に

ゲレンデを後にしました。

 

 その後痛む足を引きづりながら帰宅。

 

 と行きたかったのですが、その日の夜は中、高時代のメンバーとの新年会

だったので、ビッコを引きながら現地入り。

 

 昔話に花を咲かせ今度こそ帰宅。

 

 靴下を脱いでびっくり。

 思いっきり腫れていました。

 

 最後は締まらなかったですが、久しぶりのスキーはとても充実したものでした。

・・・来週のワンフェスまでに足がどこまで回復するかなぁ。

Category: 旅行

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks