FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

ぐだぐだな一日。

 【10//2011】

 今日は久々溝ラジ公開収録日。

 

 前日から秋葉原へ出発し、整理券配布1時間前には整列・・・・

と思ったのですが、よもやの展開に。

 

 数日前に同僚から家族の結婚式に出席したいからシフトを変わってくれと

言われ、急遽金曜日から土曜早朝まで仕事が入りました。

 

 仕事の引き継ぎもそこそこに、過去最速の速度で秋葉原へ。

 

 が週末の首都高、当然渋滞するわけで・・・・。

 

 結局秋葉原に着いたのは11時。

 

 当然整理券配布は終了していました。

 

 コミケ会場とは違うので、その場にとどまり傍聴する訳にもいかず、

すごすごと退散。次回に期待です。

 

 気を取り直して久々の秋葉原なので色々と予定していたところを散策。

 

 とりあえず最優先の目的が失敗に終わったので、その次に重要視していたある場所へ。

 

 それは、登山に新たな刺激を与える取り組みです。

 自分は山頂での一時が至福の時なのですが、先日北岳ですごい光景を見ました。

ベテランの山師と思われる方が、ホラ貝を豪快に吹いていたのです。

 

 それを見て、これだ。と思いました。

 

 普段は、ただひたすら絶景を眺めながら激戦した曲を聴くのがお決まりとなっていましたが、

この過ごし方もいいなぁと思い、楽器を探しに来たのです。

 

 昨今の流れで唯のギターもいいかなぁと思ったのですが、携行不可能なので

あえなく断念。数ある楽器の中で、単独重奏装備で携行可能な楽器となると限られるので、

実は前々から興味があったある楽器をチョイスしました。

 

 ただそれはあまり普及している楽器ではないので通販で購入するか、有数の楽器店に

伺って購入するしかなかったのです。

 

 そして、それを取り扱っているお店が東京某所にあったのでそこへ向かいました。

 

 渋谷にあるそのお店はビル全体が音楽関係の商品を取り扱っており、

その一角に目的の楽器がありました。

 

 オカリナ。

 

 それを初めて見たのはアニメの悪魔くんだったと思います。

 

 それと同時に、鬼太郎だったかなぁ。

 

 いずれにしてもアニメの影響をもろに受けていますw

 

 でも、やるからには妥協はしたくないので、お店に足を運んだわけです。

というのも、事前調査で実際お店で吹いてみようとあったので。

あと、ド初心者なので色々と教えてもらいたかったので。

 

 お店の方に通してもらったのは試奏室。

・・・・・いや、ずぶの素人なのですが・・・・

 後になって考えれば、そんな自分に気兼ねなく吹かせてくれる配慮だったのかな。

(と同時に雑音を響かせないためかなw)

 

 実際手に取ってみると、陶器のひんやり感がいい感じでした。

 

 厳密には一つ一つ音が異なるようですが、正直初心者の自分には

全く分からなかったですw

 

 色々とアドバイスを頂いたノですが、結局今回は購入せず、教本のみ購入し

次のお店へ。

 

 こっちも同じく渋谷の山岳ショップ。

 前回買いそびれた冬山装備品を買いに来たのですが、首都圏のお店の品ぞろいも

以外とこっちと変わらなかったので、(専門店に行くべきだったか)結局購入せずに

秋葉原へ戻りました。

 

 後は、本日発売のトライGとプラモ関係ですが、トライGは最終的に買わないことにしました。

理由は、先日にも書きましたが「選択」です。

 近々アーマード・コアⅤもでますし、他の趣味の時間を考えると、トライGに割ける時間は

無いだろうという結論に至りました。(これだけ人気があればどうせすぐ新作が出るだろうし、

制作裏橋も耳にしましたし)

 

 最大の理由は近々訪れるあることが起因しているのですが、ま、それは置いておきます。

 

 プラモ関係も目的の店のみで寄り道せずに帰りました。

 

 最後に携帯端末の周辺機器を買おうとして結局既存の物で何とかなるだろうと

いうことで未購入で終わりました。

 

 というわけで当初の計画とは全く異なるぐだぐだな上京となったのですが、

次回に繋がると言うことと、無駄遣いしなかったという点でよかったのかな。

 

 願わくば声だけでも聞きたかったのですがねw

 

Category: イベント

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks