2009 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2009 11

あ~はっはっはっはw

 【30//2009】

 ラジオを聞くのは癒しの時間の一つです。

今回紹介するのは、お気に入りの一つである

「あ、安部礼司~beyond the average~」です。

日曜日の黄昏時、ナイスサーティーズの私(もうすぐ該当)達に送っている

素晴らしい番組です。

 声優が好きな自分にはラジオドラマも好きなのですが、この番組、主要配役を

役者さんがしめております。

 自分が好きなキャラ、刈谷勇も芸人の経験がある俳優さん(どおりで面白いわけだw)が

担当しています。

 作品は、ごくごく平均的な主人公(静岡出身!)安部礼司がトレンドの荒波に呑まれながら

ひたむきに社会人として生きていく姿を、懐かしいツボな選曲と共にお伝えしていく番組です。

 

 たまにとんでもないゲストが登場したり(アムロとかシャアとか)とアニメ好きにも

楽しい作品となっております。 

 作品も4シーズン目に突入し、登場人物も結婚したり、子供が生まれたりと成長を

遂げている中、自分はどうなんだろうと。ふと考えてしまいました。

 

 ・・・・・・まぁナイスサーティーズには少し猶予があるのでマッタリ行きます。

 

Category: オススメ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

弱点

 【29//2009】

 自分は食べられるもので、嫌いなものはありません。

(甘いものは苦手なだけで食べれなくはありませんw)

しかし、飲めないものはあります。

 

 アルコール飲料全般です。

 

 どうやら、分解酵素が人より少ないせいか、一口飲んだだけで

フラフラになります。

 当然飲み会の記憶など殆どありません。

 

 そんなわけで、数日前アーティスト公式チャネルに投稿したお悩みは

「お酒の席での切り抜け方」です。

 

 DJの井出さんと天使のじゃんぼくんにオススメの切り抜け方を伝授してもらったので

解決策を実戦した時のイメージトレーニングをしてみました。

・ハッキリ言う→スルーされる

・車で来ましたー♪→じゃ置いて返れ

・遺言→確か健在だよな

・宗教上→典型的な日本人だな

・医者に止められている→見た目でばれる

・薬飲んでいるので→頑健が売りだよな・・・

・お金無いので→じゃ奢る。

・幹事になる→ノンアルコールを頼む→継がれる前はコップを空に

・ジョッキで粘る→採用。

・アレルギー→根性だ!

・酒乱なんですー→知ってるよ。(スルー)

・にんし・・・

・貴方に酔っています♪→場が凍る。

・肝機能向上、タンパク質摂取、糖分補給(低血糖になるそうですね)→採用。

 

 相変わらず素晴らしい解決策の数々w

 でも真面目にジョッキや糖分摂取は役立ちそうです。

 

 同僚なら良いのですが、上司がいるとなかなかに厳しい席となります。

年末もあと少し、今から策を練っておきます。

 

 

Category: 日常

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

迷走

 【28//2009】

 おいし~いキノコは、ホ・ク・ト♪

 

 ということで大手スーパーへ鍋用の汁を買いに来たのですが、

この時期になると色々な種類の汁が出ています。

が肝心のキノコ鍋の汁が見つからないため店内を徘徊することになりました。

  

 既存の汁なら家にもあるのですが、せっかく来たので適当に

選んでいたところ、テレビでキノコグラタンの紹介をしていたので

レトルトコーナーへ寄り道、レシピが簡単だったらメニュー変更を

考えたのですが、テレビとはだいぶ異なるレシピ、うーむ・・・

 

 結果、当初の通り鍋にすることにしました。

 

 自分は目的を持って店に入らないと、何時までもうろついてしまう癖が

あるらしく(そして何も買わないw)、秋葉原でもそれで一日を過ごして

更改と同時にちょっと癒されたりしていました。(なにせ無料ですからw)

 

 鍋をつっつきつつ、ネットでグラタン検索を目論んでいます。

実家で作ってもらうというのも手かな。

Category: 日常

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ホクホク

 【27//2009】

 今日はポイント5倍デー♪

というわけで食料を大量に買い込みに近くのスーパーに行ったわけですが、

独り身で手間をあまりかけないような調理しかしないため、必然的に

レパートリーが決まってきます。

 自分がお気に入りなのはキノコ類です。

キノコっのっこ~のこ元気の子・・・てな訳で一通りのキノコを篭に入れ、

どうやって食べようかと思っていたら、お店自体がお鍋フェアということに気付きました。

 キノコ鍋・・・うむ、決定。

 真夏にも鍋をする自分にとって、今日の気温は鍋を促すのにうってつけでした。

面倒くさいので汁は出来たものを購入しようと徘徊してると、以前大手スーパーで

見つけた専用キノコ汁の素がなかったので、キノコのみ購入し帰宅。

 明日買いに行くことにし、今日は林檎で我慢しよう。

(死神か、と思われるほど大好きです。今日もそうですが、一食林檎のみでもOKです)

Category: 日常

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

D-day -結果報告③-

 【26//2009】

Day-1-1

  前線基地たる実家についたのは0時過ぎ、最終チェックを終えて就寝したのが

 2時・・・。最初の睡眠が肝心なのはよく分かっていたのですが、なかなか予定通りには

 いかないものです。(反省)

 

  登山にはよくあることなのですが、車を登山口まで着けられない場合があることです。

 今回の登山口たる椹島登山口は管理が会社の道があるため、途中からバスを

 利用しての移動となっていたので、そこまで親に送ってもらいバスを待つことにしました。

  始発はネットで調べていたので時間には十分間に合ったのですが、シルバーウィーク

 初日と言うこともあり、バス停には長蛇の列が出来ていました。

  自分は長蛇の列に並ぶことは慣れているので(よく御存知の方もいますが)荷物を

 置いて登山計画書を地元山岳会の窓口へ提出し、余った時間で情報を収集して

 時間をつぶしました。

  とここで、混み具合を撮影しようとして痛恨の忘れ物をしたことに気づきました。

  そう、デジカメです。

 折角の縦走なのに記録が一切出来ないのかと落ち込んでいると、普段装着している

 ところに、もう一つカメラ機能を有した物があることを思い出しました。

  携帯電話です。

 今回の登山は全てこれで記録することになったのですがその性能は正直

 疑問がありました。(使ったことがなかったので)

  しかし、これが中々の性能。幸いなことに非常用の連絡手段として予備電池も大量に

 携帯してきたので、一安心でした。

Dsc00100

(目的地が見えている列など障害にもならん。 コミケ経験者談)

  今回の登山、この待ち時間がなかなかに貴重でした。

 地元山岳会の方から大変参考になる意見を聞き、本では載っていないある情報も頂き、

 本日の目標地点が少し伸びました。

 

  自分が乗れる順番が来たのは11時頃、目的地までドライバーの軽快なトークを楽しみ

 (この時、以前の客がここはハワイより遠いと語ったそうなw因みにその方は九州から

  来られたみたいでした)終点である椹島に到着。そこから少し歩き登山口を発見、

Dsc00102 (この鉄橋の端より登ります)

  時間をチェックし、登山開始。予定よりかなり遅れているためペース配分を考慮しながら

 スタートしました。

  

   事前情報通り補強された登山道を進んでいくと、辺りは一面緑に包まれました。

  地元も緑が多いですが、ドップリ浸かるとまたひと味違った良さがあります。

Dsc00106 Dsc00113

  吊り橋を渡り、しばらく進むと登りが少し急になり、息が上がり始めましたが、予定時間を

 大幅に遅れているため、休まず突撃。給水所までは何とか食事なしで行くことにしました。

 

  登山には持久力も求められます。長時間歩くとシャリバテというエネルギー不足になる

 ことがしばしばあるのですが、メタボ予備軍である自分には(脂肪がある人には)関係が

 ないかナーなんて思っていましたが、大間違い。適度なエネルギー補給が要求されました。

 

  強引に進んでいたらペースが思うように上がらなかったので、やむなく携行食に手を

 出すことにしました。せっかくある脂肪を有効に使える食事、ビタミンBタブレットを食べ

 ながら進みました。(脂肪をエネルギーへ効率よく変える働きをするために必要だそうです)

  速効性があるのは糖分補給らしいのですが、甘いのが苦手なためこういう手段になった

 訳ですが、意外といい感じだった気がします。(催眠効果かもしれませんがw)

  林道を隔て、しばらく登ると開けた箇所があり、本日の目的地が見えました。

 ・・・・・・遙か彼方にw

Dsc00122

(一番奥にある山が目的地付近の悪沢岳)

  

  ッフ、上等。先は長い。まだまだ楽しめそうです。

 

  森林限界はまだまだ先なので、森の中をさくさく歩き続け3時間後、給水所である

 清水平へ到着。

Dsc00131

  荷物を下ろし、食事を取ろうと水場に近づくと、先客が。水分補給をしていたリス君に

 失敬して自分も一杯・・・とここで水辺の近くには蛇がいるのを思いだし、

 ゆっくりと接近しての給水となりましたが、 非常に美味かったです。

  祖母より頂いたおにぎりをがっつきながら、水場に野菜ジュースを投入。

 (ホント冷たいので)この時点で3時を回っていたのでかなり空腹のはずでしたが、

 登山中は毎回あまり腹が減らないこともあり、エネルギーは野菜ジュースで取りました。

  地上では意外と高カロリーといわれている野菜ジュースですがここでは最適な水分

 補給手段でした。(おにぎりはまだありましたが、後半戦で効果を発揮します)

  再び活動する体力を補給し、登山初日後半戦へ挑みます。

                                              〈続く〉

  

Category: 登山

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

D-day -結果報告②-

 【25//2009】

Day-0-2

  前回でも触れましたが、縦走初挑戦のため装備品について再考察することにしました。

 

  今の自分に足りない物。

   ・衣類(登山用は衣類が非常に高いです。高性能故)

   ・食料

   ・ガッツ

 

 どれも縦走では備わっていないと厳しい物ばかりです。

(三つ目については登山中は三杉君並に減っていくので)

 

  衣類については日帰りプランでの登山では絶えず動いていたので今までは

 専用に購入したことがなかったのですが、事前調査により夜間の山頂は氷点下に行くことも

 あるというので購入を検討したのですが、インナーセットで1万超えたので。考えたあげく

 ダウンジャケットのみ購入(後イラストが良かったTシャツも、こっちは安かった)

 インナーについては、スキーで使用しているユニクロさんのを使用することで今回は

 購入を見合わせました。

 

  次に食料。縦走のため全日程分持っていくか、緊急用のみ携行し、後は現地調達

(山菜採るのではなく、山小屋利用)の二択でしたが、今回は敢えて全日程分携行することに

 しました。(まぁ初挑戦ですので、経験です)

  そうと決まれば軽量化を考えなくてはいけません。山屋さんで食料品を眺めつつ、

 レパートリーの多さに驚きながらも買いあさりました。(基本的に濃い口が多いです。

 これが登山中役立ちました)ドライフーズが主流のため。かなり軽くすることが出来ました。

  

  これで何とか装備は整ったのですが、今回の計画で最もお金がかかったのは

 テントでした。

 

  実は縦走を計画するにあたり、避けては通れなかったのがテント購入でした。

 いつかは買ってやろうと思っていたのですが。メーカーによるデザインの差、

 機能性、値段等、多種多様でした。

  全てを満たしてくれる商品を探し続けたのですが、個々の商品はどれかが納得

 いかないということで決め手に欠けていました。

  優先的には、4シーズン(春夏秋冬)の使用に耐えうる物、耐水性が高い物、居住性

 そして色と決めていたのですが、どれかが満足行かないということでカタログとにらめっこ

 する日々でした。

 

  悩んだ末、こうなったら黒色だったらいいや(投げやり)とあるはずもないので

 ぼやいたところ、同僚が「ありますよ」と一言。

  一瞬思考が停止しましたが、その後すぐに詳細を聴取。なんとバイクツーリング等で

 用いられるテントの中に黒いテントがあるとのこと。(基本登山用品は目立つ色を

 しています。有事の際に発見しやすいためです、ここ最近はデザイン性に富んだ商品も

 あるようです)

  帰宅後早速ネットでチェック。・・・あった。

  小川キャンパル(小川テント) ツーリングテント クローカー2

  く、黒い、・・・格好いい。

 速攻購入・・・しようと思ったのですが、値段が値段のため、商品内容をチェック。

 シングルウォール(テントは結露や防寒上、複数重ねるものもあります)ですが

 耐水性は中々の様子。通気口がしっかりしているためテント内の調理も大丈夫そう。

 (本当はだめですw)ただ、厳冬期には耐えられない構造のようですが(元々設計が

 ツーリング目的等なので当然です)それを差し引いてもこのデザイン性はストライク

 でした。

  その後も調査を続けましたが、これに勝る魅力のある商品は発見できず。購入。

  届いたテントを屋内でテストしてみたところ、居住性もばっちりでした。

  これで、衣食住が揃いました。

  全てを積み込み、前線基地たる実家へと向かいます。

                                             〈続く〉

 

Category: 登山

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

D-day -結果報告①-

 【24//2009】

載せる次期を逃したw

南アルプス縦走作戦

Dayー0

  最初に、タイトルは世紀の作戦名を拝借しております(スケールは著しくミニマムですが)

  

  では、遅くなりましたが9月の連休報告を。

  今回シルバーウィークを有効に利用すべく、縦走でなければ登頂できない登山をしようと

 いう決意の下、ガイドブックを開きました。

  調査の結果、登山開始位置が近く、日程的にも余裕ある計画が立てられる山に最適

 だったのが南アルプスであるという結果に達しました。

  当初南アルプスで日本百名山に挙げられている全ての山を登ろうとしていたのですが

 (この時点で無計画)先人の結果を拝見すると、最低でも13日は必要であることが判明し、

 何とか連休中(予備日1日含む)に帰ってこれるプランを練ることになりました。

  ガイドブックによると、南アルプスの百名山は出発地がおおまかに南北に分けられて

 いたので、南側の出発地から向かえる山を縦走で結ぶ計画を立てました。

  これにより、目指す山を決定。プラン作りに入りました。

 

  まずは、一日の稼働時間からその日の宿泊場所を選定することから始めたのですが

 これが一手間、なにせ日帰り登山では8時間以上ぶっ通しで歩いたこともありますが、

 縦走を想定しての一日の行軍距離はどのように計算していいかわからず、ガイドブックを

 頼りに計画していきました。

  しばらくして、まぁテントもあるし突撃あるのみという結論に達しました。

 

  次にそこまでのルートの選定、縦走である以上、必ず頭に入れておかなくては

 ならないのが、補給ポイントです。

  

  物の本には、人間は水と塩があればある程度は生きていけると書いてありますが。

 あれは本当です。実際に経験させられましたので自信を持っていえます。

 

  生きた教訓を授けてもらったため、これのことは計画の当初から考えていました。

  幸い、100名山ともなると、道、宿泊施設、補給ポイントのすべてに十分な配慮がされて

 おり、選定には困りませんでした。

 

  以上の選考により、今回目指す山は

 悪沢岳(東岳)、赤石岳、聖岳、光岳

 の4山を登ることにしました。

 

  はっきりとした目標が出来、俄然意欲がわく中、装備品の確認へと移りました。

                                                〈続く〉

Category: 登山

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

運命

 【20//2009】

「運命なんてものはない。未来は自分自身の手で切り開くもの」

 人生の教訓です。

学んだのは皆さん御存知、『ターミネーター』です。

鍵となるジョン・コナーが自分の父に向かわせる際に、過去の母、

自分に当てて託した言葉です。

 逆境に立った時、自身に言い聞かせています。

 

 新作は映画館で堪能しましたが、いい作品でした。

 ですが、ドラマ版を見たことがなく、レンタルしようかなと考えていたのですが

過日地上波での連載が始まりました。

 作品的には2と3の間の話みたいです。第一話を見ただけですが、レンタル決定です。

 

 向こうのドラマは24以来ですが、24もシーズン2の途中で止まっているので、あわせて

レンタルし・・・と思ったら。仕事で自由な時間が限りなく減ってきているのでとりあえず

記憶のある内にターミネーターの方を見ようと思います。

 

 

Category: オススメ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

旧友

 【19//2009】

 日曜日の仕事・・・。休みの出勤はテンション持って行かれますが、今日はちょっと

事情が異なりました。

 

 自分は小学校、中学校、高校、専門学校(職場)の友人がいます。

小学校の友人に至っては、幼なじみの域を超えて兄弟みたいな関係です。

 親の関係で引っ越しを各時期に経験し、その都度友人が出来ましたが、仕事により

年に一度会えるかどうか分からないにもかかわらず、未だに連絡を取り合ってくれています。

その都度お誘いを断り続けて申し訳ない気持ちの中、今日こそは会おうとかなり前から

調整をしてくれていました。

 

 なのに直前に仕事が入るとは・・・。

 

 そんなわけで仕事を終えたら速攻で友人宅へ。

学生の頃からこのメンツでやることはただ一つ。麻雀です。(当時中学生)

 友人達は独学で役や得点の数え方を学んだため、色々な手で上がってきます。

自分はその頃から勘定はお任せで、役もよく知らないため、たまに役がなかったりします。

更に上がり方もたまにドボンをやらかしたり、役が分からないことから、

待ちが分からないとよく言われます。

 

 ジャラジャラしながら近況を話し合い、当時部活動で強かった学校は今はどこかと聞いたり

(野球で言うとPLみたいな)当時の他校の連中は今何をやっているかなど、

話題は尽きませんでした。

 海外で証券会社に勤め、勝ち組街道まっしぐらな者、赤坂で店を経営している者。

皆色々な人生を歩んでいるのだなぁと思いました。

 

 年末のスキーの約束やら、次回の麻雀の日程やら色々予約を入れられましたが、

どれだけ果たせる事やら。

 友よ、頑張ります。

Category: 日常

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

未来

 【17//2009】

映画「さまよう刃」

 見て参りました。隣町まで。

ここ最近、休みがなさそうなので、明けで見に行くことになったのですが、

映画館で眠くなることはありませんでした。(昔、一つの映画を続けてみた時は眠かった)

まして数日前に小説を読破し、期待していたので、隣町まで繰り出すことにも厭わなかった

わけです。

 

 映画も素晴らしい作品でした。

 大筋の流れは変わらず、時間の都合上、役割が少し異なるところがありましたが、

映画の結末も一つの結末として違和感なく見ることが出来ました。

 

 作中で伊東四朗さんが言った言葉が印象的でした。

「長峰には、もう未来なんてないんだよ」

 たった一人の家族を奪われた者に、未来はなく、

 取り返しのつかない罪を犯した者に、未来を与えようとする現実。

 小説とは異なる方向で考えさせられました。

 

 主演の寺尾聰さんによりとても感応移入がしやすい作品となっていました。

(亡国のイージスでも辛い過去を持った艦長を演じられていましたが、小説の人物像が

 そのまま出てきていると思えるほど素晴らしい演技力です)

 自分としては伊東四朗さんに小説の結末を演じてみて欲しかったです。

Category: オススメ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

正義

 【15//2009】

さまよう刃

 映画公開にともない、コンビニで小説を購入し、時間をかけて読もうかなと思って

いたのですが、一日で読み終えてしまいました。

 テレビで内容が紹介されていたため興味を持ったのですが、原作が東野圭吾さんの

小説と知り、迷わず読むことにしました。東野圭吾さんの作品は幻夜以来でしたが、

その作品も非常に素晴らしい作品であり、今作はそのテーマも重なり、

非常に期待して読み始めました。

 やはり素晴らしい作品でした。久しぶりに時を忘れて読んでしまいました。

 

 この作品は非常に難しい題材を扱っています。

 ですが、とても身近に感じられてしまう現代だと思います。

 自分には子供はいませんが、同じ境遇に陥ったらどういう行動に出るか、容易に

想像がつきました。

 

 確かにこの国の法律は被害者より、犯罪者を守っていると判断されても致し方ないと

思えます。

 

 正義とは何か、誰のために貫かれなければならないのか。

 

 心では答えは出ていても、現実はかなりかけ離れていると感じます。

 

 映像ではどういう感想を抱くのか。今から映画館へ行くのが楽しみです。

Category: オススメ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

手紙

 【14//2009】

自分はメールが苦手です。(特に携帯の)

このブログを見てくださっている、希少な存在の方はおわかりとは思いますが、

自分は絵文字等、メール世代が使用する用語等非常に疎いです。

別に仕事で携帯を使わないというわけではありません。

どうしてもあの処理速度に適応できません。

パソコンがあるのに何故この小さく処理が遅い上に文字の入力に手間取る

マシンで文章を作らなければならないのか、と思ってしまいます。

故に自分のメールの返事はたいてい一言で終わります。

そんな自分にメールをくれる友人の皆様、あなた方の心は太平洋より深いです。

Category: 日常

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

50000

 【13//2009】

 本日、会社の車両を取りに行くべく愛車を使用したところ、

累計走行距離が50000㎞に達しました。

 自分の愛車は入社後に仕事で使用する名目上購入した、人生最初の車です。

購入に際し、制限が加えられていたので、その範囲内で妥協せずに購入したところ、

5年も支払うことになりました。ですが妥協しなかったため、未だに愛着があります。

 新車で購入したため、この示す距離全てが自分と共に歩んできた道だと思うと

少し考えさせられました。

 愛車と旅した中で最も遠かったのが東京、長野です。振り返ってみると、愛車とはそれほど

遠くへ旅をしていない事に気付きました。目的は、登山、スキー、コミケ・・・。

 うーむ、趣味に付き合わせてしまっているなぁ。

 出来れば、本州以外にも旅をしたいものです。

 

 これからもよろしく、相棒。

Category: 日常

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

出張③

 【12//2009】

 さて、土曜日。目的のイベント当日です。

ホテルをチェックアウトし、ゆりかもめへ。豊洲より新木場を経由し海浜幕張へ。

途中ネズミーランドの家族連れに呑まれながらも幕張メッセに到着。

 目的たる「第49回全日本ホビーショー」は地元である、静岡ホビーショーの東京版と

いったところでしょうか。実際に見たことがなかったため、この目で確認すべく来たわけですが。

 ・・・・・・まぁなんといいましょうか、結論から言いますと。静岡版と全く変わりません。

 むしろ、入場料が取られる上、一般ブースが無く、移動時間、交通費を考えると

全くマイナスでした。

 東京近郊の方には位置的に最適ですが。静岡県人がわざわざ来るほどでは

ありませんでした。

 補足しておきますと、イベントスペース的にはかなり広く、体験スペースが豊富に用意されて

いたため、家族連れには好評のようでした。

 自分的にも、静岡で参加していなかったコトブキヤブース参加していたことにより

(これがあったのでわざわざ来ましたw)造形士様による美しいAC達を

Cimg3371 Cimg3372_2

(既に発表されていた作品もありますが、出来が素晴らしいw)堪能することができました。

 他にも人気のマクロスFや痛車の展示を発見したりと有意義な時間を過ごせました

Cimg3441 Cimg3494

 後素敵な出会いもありました。軍事評論家の岡部いさく氏です。

(お茶の間にも登場されます。博識な方です)

 自分的にはAC4faでの講評で知っていたのですが、書物のことは知らなかったので、

これを契機に購入。サインも頂き一緒に写真にも収まりましたw

(即興の絵が非常に上手です)

 購入した本は、「世界の駄っ作機(だっさくき)」。傑作機ではなく駄作機に視点を置いた

空想科学読本とはまた異なった面白い内容でした。(知識はなくても楽しめます。

空への憧れがあれば)

 思わぬ幸運に恵まれ、ホクホクの内に会場を後にしました。

 帰りはryutaに途中まで送ってもらい、新幹線で帰路につきました。

 

 今回の出張での感想は3つ

・日本の技術は伊達じゃない!(〇ガンダムではありませんw)

 あの台風の中、公共交通機関を動かせる技術は素晴らしいです。

 (もちろん、崩れた場所、運休した区間もありますが)

・世界の模型発進基地というプライドも伊達ではなかった

 (静岡ホビーショーでは同日に一般ブースでその技術の高さが伺えました)

・秋葉原には計画的に

 (あっという間に時間が過ぎました)

最後に今回の出張のベストショットを

Cimg3543 Cimg3551

     バーチャロンは塗装は他のプラモの日ではないぐらい難しそうです

Cimg3575 Cimg3588

     次期愛車の塗装予想図と日本次期主力戦闘機迷彩塗装案

Cimg3391 Cimg3427

     予約済みのブレードライガーと、購入企画中のKIIT(ナイトライダー)

Category: イベント

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

出張②

 【11//2009】

 金曜日、せっかくの東京なのでじっとしているのは勿体ない。

そう思いゆりかもめに乗り新橋へ、

途中いずれかへ移送されたGを眺めつつ秋葉原へ到着。

Cimg3345_2 (中央右手にありました)

 秋葉原の散策は、東京出張以来だったのですが、前回と異なり今回は

全く計画を立てていなかったので、とりあえず前回面白かった場所から回りました。

虎の穴等変わらないところもありましたが、流石進化する街、新たなビルも建ち並び

なくなっているお店もありました。

 特に目的の物は無かったのですが、散策しているだけでも十分に楽しかったです。

同人誌店、フィギュア店、山岳ショップ、そしてPC店と行く先々で欲しい物ができ、

悩んでは次の店に行くという繰り返しでした。(ある意味全てのお店が目的でしたw)

 お見せしたいところが沢山ありましたが、ことごとく撮影禁止でした。

丁度ゲーマーズさんで、らきすた・生徒会の一存のコラボイベントを行っており、山積みされた

本が面白く飾ってあったので撮影の許可を伺ったのですが、やはりだめでした。苦労された

と思うのですが、記録に残せず残念です。

 カードショップで懐かしのカード(今では安くなった物)を購入し、ペッパーランチで

胃の丈夫さを確認し(整形肉はよく焼いてありました)ふとあるイラストレーターが

オープンに協力したお店を思い出し、携帯にて場所を確認し、夜にryutaと共に

覗いてみることにし再び電気街へと潜りました。

 

 日が暮れてからも秋葉原は活気があり(路上にはメイドさんもいました、寒くないのかなw)

仕事を終えたryutaと合流。先程チェックしたお店「こくまろみるく」へ向かいました。

 このお店、イラストレーターのみさくらなんこつさんが衣装デザインをされているお店です。

前回行った「@Homecafe」とは趣が異なるお店でした。

(衣装には目のやり場に困りましたがw)

 一日中歩き回り、疲れ果てて23時頃にホテルへ帰還。明日がメインのため、

カードを眺めながら早々に寝ました。

                                                〈続く〉

 

Category: 日常

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

夢を追うこと

 【11//2009】

空想科学読本1[新装版] (空想科学研究所の本)柳田 理科雄(著)

空想科学読本1[新装版] (空想科学研究所の本)

この本を読むに当たって二つ注意していただきたいことがあります。

・ロボットアニメや特撮ヒーローものを沢山見ていること

・現実を突きつけられても寛容に受け止められる広い心があること

が要求されます。

後、何より注意していただきたいことが

人目のあるとこで読まないこと

です。

先の二点を踏まえて読むと大爆笑間違いなしです。

子供の頃に憧れていた夢を(かなり強引に)実現しようとするとどうなるか

非常にユーモアあふれる表現で書かれています。

個人的にはヤマトの記述は近所迷惑じゃないかと思えるほど笑いました。

他にも、マジンガーZとかウルトラマン(こっちは崇拝していただけに大爆笑)

が無残な結果となっております。

 

 しかしこの作品、純粋に夢を追い続けた際の結論の一つであることは事実です。

それでも未だに愛していられる魅力が、空想作品にはあります。

 また、少年時代のそういった出会いから、科学への道を歩んだ方もいらっしゃるでしょう。

いつか、ガンダムを見た方が実物大の動くロボットを制作してくださると祈りつつ、この本を

読んでいます。

Category: オススメ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

出張①

 【10//2009】

   無事に出張から帰還出来たことから、向こうでの出来事を報告します。

まず、出発時点から一筋縄ではいかないと思い、5時には起床。

案の定窓を軋ませる程の突風のため、普段の通勤手段は諦め、

バスで行くことにしました。

 前回の記事の通り新幹線を利用しての出張だったのですが、当日の運行決定は

7時頃発表の予定ということで、駅までは向かうことにしました。

 自転車通勤でもないのに合羽を着てバスを待っていると、職員さんが普通車で現れ、

バスは全線運休中とのこと、(報道していたようですが、気がつかなかった)やむなく

プランBに変更し、突風吹き荒れる中自転車で駅まで向かいました。

 到着してみると、どうやらかろうじて運行している模様。上司に行けるとこまで行くことを告げ

乗車、途中何度かトンネル内で停車をしつつ無事新神奈川駅まで到着しました。

 どうやら幸運に恵まれたらしく、同じ用件で神奈川に来るはずの方は新幹線運休のため

欠席となりました。(自分もその便に乗るはずだったので冷や汗をかきました)

 新横浜から桜木町へ地元ではあり得ないようなビル群に眺め、首を痛めつつ、時間に

余裕があったので、駅にて立ちそば朝食(密かな憧れでした。自分も立派なサラリーマンw)

 途中の昼食時は店を探すため外に出てでっかいビルに入っていきました。

Cimg3303_2

 ・・・・・店が多すぎて決められませんでした。

 若い方に人気の場所らしく、人が沢山おりました。

 付近の地図を見ると、来年来るかもしれない(下手をすると年末)

Cimg3295 パシフィコ横浜が。

 空腹のおかげで、眠くならずに用件終了。地元の被害も少なく、急遽の帰還命令は

無いとのことから、しばらく散策することにしました。

 台風も神奈川を通過したらしく、空を見上げると、先ほどのビルが目に入り、ビルに

展望フロアがあることを思い出し、記念に撮ろうと向かいました。(入場料1000円とは

東京タワーよりするのではw)

Cimg3313 Cimg3334 Cimg3344 Cimg3341

Cimg3327丁度夕暮れ時だったので合わせて撮影

 撮影後、日も暮れたところでホテル探しを開始したのですが、これが意外と高い。(都心は)

仕事を終えたryutaと赤坂で食事をしながら、(近況を聞きつつ)やむなく慣れ親しんだ

お台場のホテルをとりました。

 明後日のイベントのためこのまま東京に留まることとしたのですが、

明日の予定が無く、(ryutaも仕事)秋葉原探索でもしようかと考えながらお台場へ

向かいました。

                                             〈続く〉

Category: 日常

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

台風と私

 【07//2009】

災害と自分の仕事は密接した関係にあります。

しかし、今回は趣が異なります。

他の方同様、公共交通機関の結果如何で仕事内容が変わってきます。

出張が出来るかどうか、駅に行くまで不透明な情勢です。

滅多にない機会なので是非行きたいのですが。

大事な時に限って天災が訪れます。(コミケも直前に地震が発生しましたし)

とりあえず、備えだけして被害が少ないことを祈りつつ、朝を迎えようと思います。

Category: 日常

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Bad Moon

 【04//2009】

 昨日、今日と仕事が入り、一週間ぶっ通しの勤務と相成りました。

よくあることなのでどうと言うことはないのですが、この休みは

予定を入れていたので、つらい決断をすることになりました。

 でも、いいこともありました。

 仕事を終え、ふと空を見上げると、真ん丸の月が・・・。

探してみればいいこともあるものです。

 自分的には、もっと大きく、真っ赤な月が好きなのですが。

綺麗にみれただけでもよしとします。

 残念ながら、写真は撮れませんでした。(デジカメ出張中)

 因みに、タイトルはギルド名に使用したあるカードゲームの

好きなカードです。(イラストが印象的でした、意味は「不吉の月」です)

Category: 日常

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

飛べない空

 【03//2009】

ネットを巡回していたところ、再び大空に舞う機会が訪れました。

ACE COMBAT Xi Skies of Incursion(仮)

・・・しかしよく見てみると。発売されるハードを持っていない事に気づきました。

ソフトのためにハードを購入するのは当然ですが、今回は少し戸惑っています。

完全にソフトオンリーのための購入になりそうです。

(ポータブルプレーヤーは既に持っているので)

PSPの時も苦戦しましたが、今回はどうなる事やら。

詳しい情報が公開され次第、決心をしようと思います。

Category: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る