FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

カテゴリ: の記事リスト(エントリー順)

« 新しい記事一覧へ | | 古い記事一覧へ »

囀り

 【20//2011】

 新たな機材を使いこなすべく、操作に慣れようとしていることがあります。

 

 ツイッター。

 

 昨今ことあるごとに呟いていますが、操作がいまいち慣れません。

ipadは快適なのですが、スマホは独特の操作が問われるため今暫く

時間がかかりそうです。

 

 おかげで日々のネタを忘れずに記載するようになったのでかえって

良かったのかも。

Category:

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

杵柄

 【15//2011】

 昔取った杵柄

 

 十年仕事をしていればそう言ったのも出来ているのだなぁと思いました。

 

 それはある一本の電話からです。

 

 その方は当時の職場の先輩で、自分の中では最も切れる部類の方です。

そんな方が何のようだろうと思ったら、当時自分が取り扱っていたある資料を

譲ってほしいというものでした。

 

 それには自分の中ではかなり思い入れがある物だったのですが、周りの方が

憶えているとは思わず、驚きでした。

 

 過分な評価を頂いているようだったので恐縮でしたが、過去の自分の努力が

無駄ではなかったのかなぁと実感できた一日でした。

 

 さて、どこやったかなぁw

Category:

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

新たな教え

 【30//2011】

 今年の春頃に予定していた、雪山登山ですが、まさかの展開で

お流れとなっていましたが、来たる時に備え準備を始めました。

 

 他の3シーズンと明らかに異なり、装備、知識の欠如は即死に繋がるので

再び師へ教えを請いに行きました。

 

 予想はしていましたが、装備の値段は流石でした。

それ故失敗できない買い物でしたが、師とお店の方によって確かな買い物が出来ました。

 DSC07252

 そして、教本と共に、登山開始の時にスティックを頂いたのに引き続き、

ピッケルを授けて頂きました。

 

 厳冬期装備ではないので、チャレンジできるのは12月、4月、5月と限られているので

早めに勉強し挑みたいです。

 

 後足りないのは、時間かな・・・・

 

 購入時に色々教えてもらったことを忘れないうちにまとめておこうと思います。

Category:

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ハングリーであれ、愚かであれ

 【07//2011】

 革新的な技術の提供者、スティーブ・ジョブズ氏が亡くなりました。

 

 自分は周辺に関連機材を一切持っていなくともこの方の偉業は凄まじいと思っていました。

 

 そして先日、奇しくも職場でIpadを駆使して仕事を行なう方に出会い、購入を検討した

午後に見たテロップが死去の連絡だったので、驚きました。

 

 翌日、死去を悼む報道の中で、彼が残したスピーチがとても印象的でした。

 彼の人生の波瀾万丈さを踏まえての言葉だったので更に重みを感じました。

 

「ハングリーであれ、愚かであれ」

 

 今日、人生が終わるとしたら、今自分が行なっていることに納得が出来るか。

 

 ・・・出来ません。

 

 目標は遠く、その過程を一歩一歩進んでいるつもりですが、先の言葉聞き、もう少し

ペースを上げてみようと思いました。

 

 ご冥福をお祈りいたします。

Category:

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ピーク

 【29//2011】

 今月に入って未だに休みが無い状況についにあるお店に足を運びました。

 

 仕事でくたくただったのですが、周りの方々の話を聞いていると

今の状況ではこれに頼らざるを得ないかなぁという思いで行きました。

 

 訪れたのはとある洋菓子店。

 

 そこのカフェスペースで注文したのは「クレープ」

 

 ・・・・休みの夕刻に仕事着のままいい年こいたおっさんが

クレープ相手にナイフとフォークで苦戦している光景・・・・

 

 端から見たらとんでもなくシュールな光景だったと思います。

 

 そんな周りの目も気にならないほど、疲れていました。

 

 周りに聞くと甘い物で疲れをとるという意見が多かったので

足を運んだわけですが、クレープをナイフとフォークで食べたのは初めてでした。

 

 そもそも何を頼んでいいか分からず、定員さんに一番オーソドックスな物をという

注文をしてしまった次第です。

 

 頭が回っていない状態でしたが、頂いたクレープはとても美味しかったです

 

 一段落ついたらまた訪れようと思います。

Category:

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る